一人一花運動コンテスト

タイトル
10年以上忘れられた花壇の再生プロジェクト!
お名前・社名
照葉まちづくり協会 戸田 三喜郎
コメント
2015年9月7日、アイランドシティ照葉のまちがまちびらきしました。
まちびらき当時、この花壇は照葉の森に繋がる入口に設置されていることもあり綺麗な花が植えられていました。この花壇の前で、当時の福岡市長をはじめ関係者がチープカットした場所でもあります。
その綺麗な花壇は、まちびらきして間もない照葉のまちでは誰も手入れする事もありませんでした。照葉まちづくり協会が発足して自治会活動が始まっても、誰も花壇に見向きもせず放置され続け、やがて鳥の糞によって運ばれて来たか雑木が数本育つようになりました。
その雑木が育った花壇は一体化したようになり、まちびらき当時からこの状態かと思うほどの状態になりました。まちびらき当時から住んでいる住民も当時の花壇の事は忘れてしまい、その状態は日常と化していました。
私は、まちびらき当時からアイランドシティ照葉のまちに関わっていたので、当時の事を知っていました。
昨年、花壇再生プロジェクトとして、先ずは東区役所へ相談に行きました。まちびらき当時と現状の写真を持参して、担当者にしぶしぶ納得して頂きまして雑木を伐採した頂きました。それから、花を植えられるように張り巡らされた木の根っこを時間掛かりながら撤去して耕しました。
ようやく花を植える土壌が出来上がって、プロジェクトに参画した頂いた方々と一緒に花を植える事が出来ました。
13年前のまちびらき当時の花壇が復活しました。
通る方々から、ココは花壇だったことを認識して頂き、周辺住民方々には、花壇だったことを再認識して頂きました。そして嬉しい事に、花壇の維持管理をしたいと申し出ていただけるようになりました。

新興団地内の花壇設置及び管理は非常に難しいことだと痛感しました。
今後は、もっと花壇を増やしていきたいと思います。

戸田 三喜郎

追伸
写真は、左から
左-13年前のまちびらき当時
中-昨年までの雑木状態
右-花壇再生プロジェクト後

今は、一度植え替えが終わって新たな花が植わっております。
PAGETOP